必要なのは、「自己プロデュース力」 野菜ソムリエ試験勉強

必要なのは、「自己プロデュース力」 野菜ソムリエ試験勉強

※勉強ができる人は読む必要はございません^^;

■必要なのは、「自己プロデュース力」

毎日忙しい人が勉強を始めるには、
勉強に対する思い込みを捨てないといけません。
机に座っている間だけが、勉強できるというわけじゃないですよね。
仕事もそうです。

「いつでも」「どこでも」「どんな状況でも」
勉強はできるということを知っておく必要があります。

予定外の仕事が入ることも多いでしょうし、
付き合いで飲みにいかないといけないときもあります。

でも、1分も勉強できないなんて日は、そうそうないはず。
その1分を、積み重ねましょう!

1日15分も勉強できたら、
 1ヶ月では450分!
 7時間以上です!

細かい時間を積み重ねれば、勉強は続けられます。
野菜ソムリエ(マイスター)の試験なんてへっちゃらですよ!

以降では、マイスターの勉強におすすめのやり方を記述しようと思います。
でも、管理人の体験はちと古い(2004~2005年)ので、鵜呑みになさらずに!

いちばんいい試験対策は、

最近受けられた方のお話を

 聞くことです。

管理人は、1回目のときには先輩受験者の話を聞くことができず
「マイスターは難しいらしい」という噂のみで

あ、、1浪しよ。1回目は様子見!
と決めてかかっていました。

マイスター大阪2期(2005年)。
何にも情報がなく、何をどうしたらいいか分からなかったのです。

でも、今となっては、たくさんのマイスターたち(受験の先輩)がいてるではありませんか!
うらやましい。

ぜひ地域コミュニティに入って、彼女たちに色々とインタビューしてみてください。

以下は、多分今の私ならこうして勉強するやろうなあ、という目安です。
あくまでも、ご参考程度にしてください。

繰り返しますが、
一番の試験対策は、最近の先輩にアドバイスをいただくことでしょう。
そこで傾向をなんとなく掴んだらいいのではないでしょうか。

野菜ソムリエの詳細はこちら