第15回 合格発表と授与式 野菜ソムリエ試験

第15回 合格発表と授与式 野菜ソムリエ試験

試験の1週間後くらいに、合格通知が届きました。
また1週間後、授与式があるそうです。

これで晴れてマイスターだ。
今後私ははどうしていくべきか…。
自分で考えているばかりでなく、協会にも相談してみよう。

実はマイスター受講中(受講3回目くらいのとき)、私は会社を辞めていました。
そして合格の頃、運よくもアルバイト先の他部署からお声がかかり就職となりました。
この辺のいきさつは
今度違うコンテンツで書くので読んでください。

そして迎えた授与式。
8人くらいいたように思います。
(ちなみにジュニアと比べて年齢層は高めです。)
授与式では、一人ずつ理事長から直々に合格証明書と緑のバッジをもらいました。

その後は自己紹介。
順番に今後の方針を言っていくのですが、
色々と理事長にツッコミいれられている人もいました。

空気がシビアになったりして緊張しました。

その後は講師養成講座やシニアマイスター講座の案内、
そして協会理念と今後の展望の話を聞きました。

「安全性が差別化の要因になるのはおかしい。」
「伝えていくべきものを今風にアレンジして。」
「そもそも食育のゴールってなんだ?」
「社会は我々が思っている以上に高い位置でマイスターを意識している。」

などなど色々お話して下さったんですが、

「OB会、懇親会に参加するだけではなくて、もっと勉強の場をもってほしい」
という言葉にはもっともだと思いました。

今やマイスターのマスコミ出演度は高くなるばかり。
マイスターに注目している人が多い中、
開けてみたら中身がなかったという結果にしてはならないんですよね。

2時間ほどで滞りなく終了しました。

翌月から新しい職場(ホテルの営業企画部)が決まっていた私は、不安と希望とが交錯していました。
でも、ちょっとドキドキしてたりして。

野菜ソムリエ試験奮闘記(受講~合格まで) 完

野菜ソムリエの詳細はこちら