【メニュー開発】 野菜ソムリエ シーン別導入事例

【メニュー開発】 野菜ソムリエ シーン別導入事例

【メニュー開発】
大手クッキングサロン ディレクターの山内さん  野菜ソムリエシーン別導入事例
▼野菜でヒットメニュー!

■今、世の中でどんなものが受け入れられているかを鋭く掴む

【メニュー開発】 野菜ソムリエ シーン別導入事例

メニューの納品先は、
大きく分けると、
雑誌記事やテレビ番組などの媒体向けのメニューと、
広告用のメニュー、
レストランやパーティー、イベント向けのメニューなどです。

媒体向けのメニューの場合は、たとえば

「新学期のお弁当」
「300円でできるスピードおかず」
「甘さ控えめの野菜を使ったお菓子」

などの企画が決まった時点で依頼が来ます。
そこでテーマに合ったメニューを何案か提案し、
情報の基礎となるレシピを書きます。

つまり、情報の受け手に
『作ってみよう』『美味しそう』『体によさそう』
と思ってもらえるメニューを目指しています。

広告用のメニューは、それとは違って「ある商品を普及させるため」のメニュー作りです。
たとえばイチゴなら、イチゴジャムやイチゴシェイク、イチゴドレッシングなど、
さまざまに応用されたメニューを作らなければいけません。

メニュー開発には食材の知識、調理の知識、栄養学の知識は欠かせません。
これらの基礎はベジフル講座で学びましたが、
新しい情報は常にキャッチするように心がけないと、
アイデアもすぐ底をついてしまいます。

ヒットメニューを作るには、
今、世の中でどんなものが受け入れられているかを鋭く掴む、マーケティングのセンスも必要です。

提案するメニューはテーマにあえばなんでもいいわけではなく、
 何か新しい切り口が必要だということを念頭に考えています。

例えば、野菜の食べ合わせによる栄養バランスのヒントや、調理方法の工夫など…。
生産者さんに直接聞いた、新顔野菜の珍しい使い方を掲載したときは、
とても反響が大きく、「知らなかった」という声がほとんどで、嬉しかったですね。

 

野菜ソムリエの詳細はこちら