【栄養士】 野菜ソムリエ シーン別導入事例

【栄養士】 野菜ソムリエ シーン別導入事例

【栄養士】
フリーランスの中野さん  野菜ソムリエシーン別導入事例
▼生活者がどのように「栄養」に興味を持っているのか、
また、どのようにアドバイスをすれば効果的かを考える。

■ひとりひとりの体調や食べ物の好みを把握

【栄養士】 野菜ソムリエ シーン別導入事例

「食」と「健康」に注目が集まる現在、
栄養士の職場はこれまで以上に拡がってきました。

スポーツクラブなどでの食事指導、
外食産業でのメニュー開発、
マスコミでの情報発信など、
様々な分野で栄養士が求められています。

また、栄養管理の考え方も
「○○を食べてはいけない」
「○○を食べなければならない」といった“押しつけ型”から、

人々のライフスタイルの多様化に合わせて、
楽しく健康に食事をするにはどうすればいいかを
 対象者と一緒に考えていく“サポート型”
に変化しつつあります。

そのため、栄養士はひとりひとりの体調や食べ物の好みを把握し、
それぞれに合わせた献立作りや栄養指導をすることが求められています。

そして、新顔野菜をいちはやく味わったり、
料理雑誌を定期購読したり、
評判のお店に食事に出かけたりして、
自分が献立を作る際の参考にしています。

ひとりひとりに合わせた献立作り、栄養指導を行うためには、
対象者とのコミュニケーションが欠かせません。

体調はどうか、食事に満足しているか、
対象者に尋ねることも大切です。

医師や介護士との情報交換や、
実際に調理にあたるスタッフとのコミュニケーションも欠かせませんね。

 

野菜ソムリエの詳細はこちら