【広告宣伝】 野菜ソムリエ シーン別導入事例

【広告宣伝】 野菜ソムリエ シーン別導入事例

【広告宣伝】
ホテル 広告宣伝部の石川さん  野菜ソムリエシーン別導入事例
▼目の付け所に独特のセンスが必要!

■アピールポイントを探し出す嗅覚と人脈が必要

【広告宣伝】 野菜ソムリエ シーン別導入事例

テレビや雑誌、新聞などのマスコミ媒体に、
商品やレストランが取り上げられるための宣伝活動をはじめ、
店内に準備するチラシや顧客へのダイレクトメール作りなどを行います。

プロモーションの対象になるのは、
新しい商品(メニュー)、レストランはもちろん、シェフも含まれます。

この仕事には、ある商品、あるレストランの
どこをどんな風に宣伝すればいいのかを
『嗅ぎ分けるコツ』が必要だと思います。

トレンドの判断も的確で、その時々の社会状況に合わせて
 どんな人たちに、どのようにアピールすれば話題になりやすいか
 をつねに研究する必要があります。

テレビや雑誌など、媒体ごとの特徴を捉えて、
時には雑談の中に記事の企画を持ち込んだりしながら、取り上げられやすい形でアピールします。

シェフの新商品であるフルーツプリンを企画した際、
美容にいい要素がたっぷり含まれている点が女性に受けるはずだ、と
週刊誌の担当にアピールしたら、
翌月のスイーツ特集の扉ページを飾ることができました!

自分が「いい」と思ったことをどのように表現すればうまく人に伝わるか、
という表現力も磨きたいですね。

様々な媒体の人脈を大切にし、それが活用できることも、この仕事で成功する条件の一つです。

 

野菜ソムリエの詳細はこちら