【広報】 野菜ソムリエ シーン別導入事例

【広報】 野菜ソムリエ シーン別導入事例

【広報】
百貨店 広報部の内藤さん  野菜ソムリエシーン別導入事例
▼話題を呼べるような野菜情報を最高のタイミングで発信!

■会社の顔として発言する広報担当者

【広報】 野菜ソムリエ シーン別導入事例

広報は、話した言葉がマスコミを通して、
そのまま世の中に発信されます。
そのため、情報を正確に発信できる高いコミュニケーション能力が必要とされます。

また、企業のウリと思われる情報をマスコミに流し、
イメージづくりをするのも広報担当者の仕事。

マスコミの目にとまるような情報を選び、発信するためには、
世の中の流れを正確に読みとる力が不可欠です。

企業の情報をつめこんだマスコミ向け文書をニュースリリースと呼びます。
実は流行の多くはこのニュースリリースから生まれているのです。

広報は、たった1枚の紙、ニュースリリースで、世の中が動かせるんです。

百貨店の売り場に埋もれていた果物がありました。
「健康にいい」として
ベジフル講座「品目」で勉強した知識をもとにリリースに掲載し、
その商品をヒット商品に成長させたことがあります。

ヒットは、そのリリースにローカルのテレビ局が興味を持ち、
その商品を主婦向けの番組で取り上げたことがきっかけで産まれました。

1本のニュースリリースから大きな反響が作り出されます。
それが、他の職種では味わえない広報担当者ならではの醍醐味です。

ただ、広報マンは世の中の流れを的確に読み取り、トレンドを読み、話題を呼べるような情報を、
ベストのタイミングで発信しなければなりません。

情報選択の眼力なくしては、実績をつくれない難しい仕事ですね。

 

野菜ソムリエの詳細はこちら