【商品企画】 野菜ソムリエ シーン別導入事例

【商品企画】 野菜ソムリエ シーン別導入事例

【商品企画】
ファーストフード 企画部の大澤さん  野菜ソムリエシーン別導入事例
▼生活者に根ざしたメニュー提案、生産者と生活者を結びつける商品を企画!

■どういう人に出し、どう受け止められるかを思い浮かべて

【商品企画】 野菜ソムリエ シーン別導入事例

新商品の開発には通常、約半年かかります。

商品の構想を練る際は、まず2~3日間食べ歩きます。

参考になる料理を再現しながら、仲間と議論を重ねていきます。

食べ歩くときは必ず、家族連れを観察し、

「何を買うか、誰が決めるか」もチェックします。

また、高校生の団体の好みの変化、流行への食いつきなどもまとめます。

そして、我々はどういう人に出し、

どう受け止められるかを思い浮かべながら新商品にします。

また、「契約農家の野菜を使うこと」を売りにしているので、

ファーストフードのイメージをさらに向上させることもミッションです。

産地を訪れ、農家さんの話を聞き、

店内のPOPなどに反映させます。

おいしい野菜を食べ尽くした経験を生かし、食べる人を驚かせていきたいですね。

 

野菜ソムリエの詳細はこちら