野菜ソムリエとは

野菜ソムリエとは

「野菜ソムリエ」の養成講座は、日本野菜ソムリエ協会が行っています。
養成講座は、

・ジュニア野菜ソムリエ
・野菜ソムリエ
・シニア野菜ソムリエ

と三段階があり、
講座終了後の修了試験に合格するとそれぞれの資格が認定されます。

野菜ソムリエは 青果物の流通に携わる人向けの資格としてスタートしましたが、
食に興味をもつ主婦や働く女性の注目を集め、
取得者の約7割が一般の人と言われています。

2003年頃からその類の方々にブームになってきたみたいです。

 

■野菜ソムリエの今日の位置

今日は、女性だけでなく、男性にも人気。

大雑把に言えば、
野菜がどのように栽培されて、
どんな栄養分をもつようになったのか
また、その栄養を生かした料理法にはどのようなものがあるか

を紹介する野菜の専門家です。

しかし、私自身 この資格って、 それだけではないと思うのです。

私はよく「管理人さん、資格をとったらどんな仕事に活かせるのですか?」
というメールをいただきます。

私が思うのは、どんな仕事においても
「この仕事に活かしてやろう!」
と考えることが必要なのでは、ということです。

もともとの資格の概念の淵がぼやけている(ぼやかしている?)ために、
活用先が未曾有に広がると感じるのです。

世は健康ブームです。
しかしその分、あるあ●大辞典ではないですが、
担当者が虚偽の内容を伝えては、その会社は仕事はもうできなくなります。

しかし、正しい野菜の素晴らしさを伝えて売れる人が近くにいたら、
きっとその人を何かしら,利用したくなるはずです。

この協会は、この先もっと大きくなると思います。
その中で、その一員であることは、 簡単に言えば「ハクがつく」ものだと私は思うのです。

そして、働き方としては、
考え方次第では、色んなカテゴリの職業に 自分の努力次第で
スパイスとして入り込めるということですよ。

 

■野菜ソムリエの知名度

全国的にみると、 知名度は2006年に「ようやく大半に伝わってきたかな?」と感じられました。

資格取得者のwebサイト、ブログが増えたり (私がこのサイトをたちあげた2004年春には片手で数えられるほどだったのですが…)、
野菜ソムリエ協会と小岩井乳業がコラボレーションしたり、
Wikipediaに掲載されたのもこの頃かと思います。

講座開催当時は東京だけだったのが、 各地でも開講されてきました。

そもそものブームの火付け役は、モデルの長谷川理恵さん。
そう、最初の野菜ソムリエの広告塔は長谷川理恵さんだったのです。

その後、王理恵さん、山口もえさん、西田ひかるさんなどが出てこられました。
有名人が多数広告塔につかわれ、知名度を上げる貢献をしています。

私はベジタブル&フルーツマイスターの資格を
理恵さんの本「野菜美人」で書店にて知りました。

2004年のこと。
理恵さんが「キレイの秘訣」トークショーのため大阪にやってくると知って、
「これは行かねば!!」と聴きに行きました。

30分前だというのに会場は女性で溢れかえり、
3月だというのに暑さで汗をかいてしまいました。

モデルという職業をずっとしていくために、常に痩せていなければならなかったそうで、
学生の頃に湯豆腐しか食べない生活をおくっていたことがあったそうです。
(あぁ~、こんな経験あります!^^;)

確かに痩せたけど、やる気も力も出ない。
皆さん、決してこんなダイエットはだめですよ、と語ってらっしゃいました。

マラソンで走ったあと、帰りにスーパーに寄ったら、
なぜか「ブロッコリー」が無性に食べたくなったそうです。

実はそれまで野菜嫌いだったそう!
でも、そのときスーパーで「食べたい!」と思ってしまった。

それで野菜に興味を持ち始め、ブロッコリーの栄養を調べて、
ビタミンやミネラル、カルシウムなどの栄養が、
他の野菜よりも凝縮して含まれていることを知って

「やっぱり身体が欲していたんだ」

と納得したそうです。

その後に、仕事で「野菜協会」の方と出会い、
「『野菜ソムリエ』の学校があるんですけど、通ってみませんか?」
と誘われたそうです。

人気モデルでありながら、
自然な流れでマラソンもサーフィンも、野菜ソムリエも楽しんでいる理恵さん。

キレイの秘訣は

・バランスのとれた食事
・運動
・熱中できることに励む

と語ってらっしゃいました。

うーん、野菜ソムリエって、おもしろそうでしょ?

 

野菜ソムリエの詳細はこちら